フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パーツひろば

無料ブログはココログ

« 前編・国盗り中国地方完全制覇の旅 | トップページ | 山陰遠征外伝・4日ぶりの再会 »

2011年8月 3日 (水)

後編・アウェイ戦応援ツアー2011夏・神戸編

7/30(土)
サッカーの試合の行われる神戸まで、山口から「移動がメイン」の1日。コンビニおにぎりの朝食も、やはり「地元もの」に手が出ます。
あ


岩徳線経由だったのがほんのちょっとの「お楽しみ」。東へ東へと順調に乗り継いで、岡山から先は赤穂線経由で。山陽本線経由でも結局同じ電車になるのだったら、姫路行きの電車は相生乗換えよりも始発の播州赤穂から乗った方がいいでしょう。16:30兵庫駅到着。お宿に荷物を置いて、ホームズスタジアム神戸へいざ出陣sign01


「まさかこんな形で乗ることになろうとは思わなかった」
山陽本線・和田岬支線です。
あ

あ

あ
ホムスタは和田岬駅から歩いて5分ほど。


カレー屋さんが何軒か出店していた中から、ココナッツのキーマカレーを選択。小サイズが嬉しいhappy02
あ


サッカー専用、客席には全面屋根付き。素晴らしいスタジアムですが……
あ
風が抜けないのでゴール裏上の方は結構蒸しますsad


帰りは「兵庫駅まで歩けそうだよ?」
雨の降ってきた中、道もよくわからないのに見切り発車。
いやぁ、よくお宿にたどり着いたよねぇ。
回り道はしていると思うけれどさ。


7/31(日)
ただ甲府へ帰るのも芸がないので、「ケータイ国盗り合戦」イベント、この辺りでこなせるポイントは出来るだけ周っていかないと。

<パワースポット>
・住吉大社(阪和線・鶴ヶ丘駅)
・清明神社(山陰本線・二条駅)
・熱田神宮(東海道線・金山駅)

<古戦場>
・関が原古戦場(東海道線・関が原駅)
・桶狭間古戦場(東海道線・大高駅)
・長篠古戦場(飯田線・長篠城駅)


「最終日のお昼は、豊橋でいなりずし」
そう決めていたのに、なぜかさんまずしになっているshock

しかも「ひとつでいい」と言っているのに、「2つで千円にしておくから」とおばさまに押し切られ。ひとつはその場で食すからいいとして、もうひとつはこのまま甲府まで持って帰るの? 「常温で明日まで大丈夫よ」……はぁ、さいですか。そうだよね、元々は保存食なんだから。

実は秘かな「紀州名物さんまずし」の大ファン。でもからしを付けて食べるのは初めてだ。もうひとつは大事に家まで持ち帰り、翌日のお昼ごはんになったのでした。  
あ


(おわり)

« 前編・国盗り中国地方完全制覇の旅 | トップページ | 山陰遠征外伝・4日ぶりの再会 »

ヴァンフォーレ甲府」カテゴリの記事

電車&旅のいろいろ」カテゴリの記事

コメント

レンタカーを借りて、独りで運転しただなんて、凄いですwobblysign03

パワースポットを3ヶ所も廻ったんですねぇconfident
やはり何か感じるものとか、変化などありましたか?

充実のご旅行でしたね。
岩徳線や赤穂線は、山陽地方の穏やかな風景が続き、瀬戸内出身者には心和むものがあります。

和田岬線そばにスタジアム!不勉強にも、西神の運動公園あたりかと誤解していました。
蒸し暑さは、海風の影響を抑える設計の副作用でしょう。

最終日のルート…まさか飯田線完乗sign02

>ミッチーさま
相変わらず「近くまでは行ったけど現地入りはしていない」ので、出雲大社や厳島神社も含めてご利益があるかどうかは甚だ疑問ですcoldsweats02

やはりお参りしないとねぇcoldsweats01


>あきづきさま
西神の運動公園にあるユニバー記念競技場もsoccer神戸は使用していますから、決して間違いではないですよwink

飯田線北上は当初の予定でしたが、長篠の辺りがものすごい夕立で多少の危険を感じましたので、大人しく折り返して身延線で帰りましたcoldsweats01

そっかぁ(;^ω^)参拝しなきゃ駄目ですよねbleah

パワースポットに行って癒されてきたいです…

昔から遙拝ともいいますから、きっと御利益も。

ただ、住吉さんだけは、阪和線からでは微妙ですね。あの神さんは、昔から南海電車と二人三脚なので。

>ミッチーさま
ま、お参りというより、その地点の「電波」を盗りに行くのが目的ですからね。

動機が不純なので、元々ご利益もなにもあるはずない訳でsmile


>あきづきさま
今回は南海さんよりsoccerセレッソcherryblossomさんを選択と言うことでwink

最近の家人の言葉
baseball南海の緑のユニフォームt-shirtが欲しいな」

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 前編・国盗り中国地方完全制覇の旅 | トップページ | 山陰遠征外伝・4日ぶりの再会 »