フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

パーツひろば

無料ブログはココログ

« 国盗り経過報告・49 | トップページ | 後編・アウェイ戦応援ツアー2011夏・神戸編 »

2011年8月 2日 (火)

前編・国盗り中国地方完全制覇の旅

7/28(木)1日目
甲府17:00発新宿行きの中央高速バスで出発。途中渋滞に巻き込まれるもおよそ20分遅れで新宿着。現在「ケータイ国盗り合戦」で行われている都営地下鉄とのコラボイベント「徳川埋蔵金発掘」のスポットのひとつ、大江戸線の都庁前駅へ突撃をかけながら、今回お世話になるWILLER EXPRESSさんの集合場所へ。出雲大社行きのバスは定刻より10分遅れの20:20に新宿を出発しました。


7/29(金)
明朝7:00ちょっと過ぎ、予定より若干早く島根県は松江駅に到着。駅の待合で朝食を済ませ、駅前のレンタカー会社へ。今回はお供に軽を借りたのですが、サイドブレーキが足踏み式……「怖い~!、慣れない~!」

ナビは付いているはずなのに微妙に道を間違えるわ、鷲だか鷹だかが道の真ん中で悠々と食事中だわ、いろいろ叫びながら車を飛ばすこと約40分。隠岐の島対岸盗りの名所、マリンパーク多古鼻へ到着しました。さすが夏休み、施設内のコテージはキャンプ中の家族連れでごった返しております。コテージ群奥にある展望塔へ一直線、とりあえずてっぺんまで登ってあたりを眺めてみます。「隠岐の島、どこsign02

晴れているのに姿が見えず。佐渡島や伊豆大島や与論島などこれまで成功して来た対岸盗りはすべてその様が確認出来たのに、これで大丈夫なのか……一抹の不安がよぎります。

一羽のアオスジアゲハが「こっちだよ~」と案内してくれたのは
あ
ものすごい急坂の遊歩道でした。
雨の日やサンダル履きだと確実に滑るよ、これsign02
夜も危ないですねwobbly

下りて行くと踊り場みたいな所があって、多分いろいろな情報から総合的に判断すればここが隠岐の対岸盗りポイントに間違いないと思われるのですが、何度やっても「海の上」。目標物(=隠岐の島)が確認出来ないのは辛いなぁ。もしかして別の所かも、と上へ戻ってみるもやはりあの踊り場しかなさそう。で、もう一度アタック。先ほどのアオスジアゲハはまだ心配そうにあたりを旋回しています。踊り場をうろうろと何往復くらいしましたでしょうか。

「島根県隠岐郡海士町付近」……

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

いやぁ、今までにない大変さでしたねー。
でも成功してよかったです、ほんと。


まだかなり時間がありますね。
せっかくだから松江城くらい見ておきますか。
あ
滞在30分、本当に「見た」だけcoldsweats01

松江駅へ戻って車を返して、お昼は「三色割り子そば」(天ぷら付き)。
あ


松江駅で購入した缶チューハイは梨の風味がフルーティで、ものすごく美味しかったhappy02
あ



13:22松江発アクアライナーで益田へ。田儀~波根駅間で海沿いを走っていた時に何気なく国盗りボタンを連打していたら、なぜかパワースポットめぐりの出雲大社の電波を拾いました。出雲市駅あたりでは盗れなかったのに……もしかして海を挟んだ対岸盗りsign02 レアケースだったりするsign02 益田で小串行きへ乗り換えて長門市まで。これで今回予定していた4国の国盗りが終了。

美祢線は数年前の水害で全線不通、バスによる代行輸送中です。
あ
約1時間ちょっとで山陽本線の厚狭駅へ。そのまま新山口まで移動してその日の行程を終了いたしました。


(後半につづく)

« 国盗り経過報告・49 | トップページ | 後編・アウェイ戦応援ツアー2011夏・神戸編 »

電車&旅のいろいろ」カテゴリの記事

ケータイ国盗り合戦」カテゴリの記事

コメント

隠岐の対岸盗り成功、改めておめでとうございます。

携帯の使用波は、雲や雨の影響を比較的受けにくい帯域なので、狙う島が靄で見えない程度ならば対岸盗りに支障はありません。
ただ、対岸盗りの名所は大半の参加者に土地鑑がなく、対象が見えないと狙う方向の特定が微妙に難しくなる事情はありそうで、そのあたりが一部の噂の素なのかと。

>あきづきさま
対岸盗りの時には「行っけーsign01」と自分の気持ちを一緒に向こうへ送るタイプ(?)なので、やはり目標物のあった方が気合いの入るというか、モチベーションも上がりupますよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 国盗り経過報告・49 | トップページ | 後編・アウェイ戦応援ツアー2011夏・神戸編 »