フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

パーツひろば

無料ブログはココログ

« 九州新幹線に乗りたいな(付国盗り九州完全制覇)ツアー始末記・上 | トップページ | fromロビーくん »

2011年10月13日 (木)

九州新幹線に乗りたいな(付国盗り九州完全制覇)ツアー始末記・下

<3日目・10/9>
この日は肥薩線&吉都線に乗りながら、九州の残り3つの国盗りをするという2本立て。

朝も早くから5:49の始発電車で八代駅を出たはいいものの、ものすごい霧でほとんど景色が見えませんshock それは人吉からも同様で、せっかくの「日本三大車窓」もまったく楽しむことが出来ず、本当に残念でした。日頃の行いが悪かったかなweep 矢越~吉松の下りは、坂道を転がり落ちているようでちょっと怖かったです。「落ちる」のと「速い」のは苦手なので、どうしても反応しちゃうんですねsweat01

吉松駅で吉都線乗り換え、都城まで出て折り返して再び吉松駅。結構な乗車率の「しんぺい号」を見送った後、落ち着いたところで吉松駅の幕の内弁当を手に入れることが出来ました。
九州
手作り感一杯でいいですねhappy02 このご飯がものすごくふっくら柔らかく炊けていて、しかもほんのりと温かくて、これだったらおかずなしでもいけるわぁ、と思いがけない幸福感を得ることに。そのまま隼人駅まで乗り通して肥薩線も制覇、元気な桜島さんを見ながら指宿枕崎線&バスで長崎鼻まで行って、薩南諸島エリアの対岸盗りをして戻って来て、この日は鹿児島に1泊。


<4日目・10/10>
さぁ、いよいよ九州新幹線ですよぉhappy02
7:58鹿児島中央駅発、新大阪直通の「みずほ号」です。
指定の席はものすごく居心地がよくて、ちょっと気を抜くとすぐにふっと意識が……sleepy おいおい、<夏の陣>で拾っていかなきゃいけない勲章がいくつかあるんだからね、寝ちゃダメだよ。

<広島駅にて>baseballマツダスタジアムってこんな一等地にあるんだ……

11:44新大阪着こだま号乗り換え6分、忙しかったねsweat01
速攻で買い求めたお昼ご飯はおにぎりとたこ焼きのコラボ「たこむす」。
九州
私ってたこ焼きやお好み焼きをおかずにご飯でも、まったく違和感ない人間かもしれない……coldsweats01

新幹線各駅停車、意外と新鮮。14:12静岡駅着、富士駅乗換えで西富士宮駅へ、そして問題の「代行バス」でございます。
九州
富士川の流れにそってのんびりゆったり……西富士宮leftright身延は普通列車で1時間の所を1時間半かかるんだねー。盛土の流れた現場も見ました。鋭意復旧工事中ですが、本当にいつになることやらdespair

甲府駅着は19:12。11時間余りに及ぶ大移動でありました。

(おわり)

« 九州新幹線に乗りたいな(付国盗り九州完全制覇)ツアー始末記・上 | トップページ | fromロビーくん »

電車&旅のいろいろ」カテゴリの記事

ケータイ国盗り合戦」カテゴリの記事

コメント

故宮脇俊三氏が狩勝峠を初めて訪れた際、「濃い霧で何も見えなかった」(『時刻表昭和史』)
いわゆる三大車窓は、平地から山へ霧が昇りそうな地形ですから、そうした例は少なくなさそうですね。

峡谷美と土砂崩れは表裏一体。高山線も復旧まで月日がかかりましたね。
私のJR完乗時も、長期不通の豊肥線は代替バスで乗った形になってしまい、後日運転再開後に乗り直しました。
代替バスに乗ったのは平成2年秋。山岳路線の代わりゆえ迂回の連続だったのと、沿道の波野という村の「オウム出て行け」立て看板の林立をよく覚えています。

>あきづきさま
肥薩線……
本当に改めてまた乗りに行きたいですcoldsweats01

霧の多い路線でも、列車は結構普通に走っていますね。
霧の名所・三次から三江線に乗った際、全線霧の中に近い状態でしたが、それでもダイヤ通りの運行。踏切が少なく、列車本数が僅少な線とはいえ、運転士の苦労はいかばかりか…

>あきづきさま
霧の思い出と言ったら、震災? 台風? の影響で未だ不通になっている只見線もすごかった覚えがあります。こちらは只見川の夕霧。

平日の夕方で乗客は学生さんがほとんど、会津若松から新潟方向に抜けたのですが途中からは私ひとりだったらしく、迷い込んできたセミにまで後頭部をヒットされるというおまけがつきましたcoldsweats02

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州新幹線に乗りたいな(付国盗り九州完全制覇)ツアー始末記・上 | トップページ | fromロビーくん »