フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

パーツひろば

無料ブログはココログ

« M・I・E | トップページ | BSクラシック夜話 »

2012年6月29日 (金)

スコアレスドローな理由

NHK総合「仕事ハッケン伝」
http://www.nhk.or.jp/hakkenden/

スピードワゴンの小沢一敬が、ロアッソ熊本の
フロントスタッフに参加する内容。
まぁ、Jのチームと言っても
地方の小さなクラブだったら、実情はみなこんなものでしょうね。
……甲府も含めて。

初めの内はなんとなく見ていましたが
途中ではた、と気が付きましたよ。

……この流れでいくと、クライマックスは5/13の対甲府戦かい?
http://grane.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-57ab-1.html

あの日どうして甲府が勝てなかったのか
熊本の選手たちに妙な気合入っていたのか
よぉーくわかりました。

熊本があの日負けてしまったら、番組として成立しづらくなるもんねぇ。
スコアレスドローは、こちら側の最大級の譲歩だったんでしょうsmile
(だから上から目線で語るなってsweat02

何か腑に落ちたわぁ。

« M・I・E | トップページ | BSクラシック夜話 »

ヴァンフォーレ甲府」カテゴリの記事

コメント

あの番組は毎週録画しており、件の回は今夜視ました。
経営難は必然です。母体企業も有力校人脈もなし、もともとが野球県、スタジアムは不便…愛媛そっくりなのでよくわかります。
しかも熊本人のスポーツ観戦には、新幹線や高速バスで買い物や食事も兼ねてホークス応援で福岡へ…という人気コースがありますから。

>あきづきさま
一昨年熊本城を見に行って、風に乗って聞こえてきたブラスバンドの音色に
ふらふらと引き寄せられて行ったら
藤崎台球場へ到着してしまったという経歴を持つぐらーねですcoldsweats02
夏の甲子園大会の予選真っ只中だったのですね。

しかし日本代表戦も行われたことのあるKKウイング。
熊本空港近くで遠征して来る人たちには優しくとも
やはりもったいない立地だと思いますねーgawk

ある熊本人曰わく「阿蘇までサッカー見に行けん」…熊本空港脇の自衛隊ヘリ基地の名は高遊原(たかゆばる)分屯地。熊本市民にとってあのあたりはもう阿蘇高原らしい。

また、彼は「以前の鳥栖の騒ぎで、九州ではJリーグ自体に信用がない。しっかりした親会社のないサッカーチームと深く付き合うまともな企業はない。NTTが離れたロアッソも例外ではない」とも。

ロアッソの前身はNTT熊本クラブチーム。NTTの九州総支社は明治以来の伝統で熊本市にあり、同好会で始まったサッカー部への会社の支援は手厚くなって、最盛期にはサッカー部長は総支社労働部長でした(野球部と同格)。
しかし、九州ブロック総括組織が福岡市に移ってしまい、地域電話事業は不振に転じて、会社の関与は減少。いまはお付き合い程度の出資だけになっています。

また、NTTチームの選手の大半は「競技を引退しても、普通の正社員として定年まで地元で勤められ、大卒ならちゃんと学卒扱いされる」から入社した人々。部の指導者も部OBの正社員、運営は労働部と経理部の普通の社員。
ですから、一部選手が外部と結託してプロ化を目指した時点で、大黒字になれない限りNTTグループからは外れざるをえなかったのです。

九州ならでは事情として、宿敵・ソフトバンクが「九州全土の声援」(西鉄ライオンズ球団歌の一節)を受けるホークスを持っているのに、熊本のサッカーチームではPR効果は惨敗との判断もあったようです。

甲府はこうした経緯はなさそうですから、幸せですよ。

>あきづきさま
詳細なsoccer熊本の歴史をありがとうございますcoldsweats01
他サポの浅知識ではなかなかここまでは。

やはりあの辺り、現地の人には既に阿蘇感覚ですかねshock

熊本だけは事情を聞きかじっています。新卒後しばらくNTTにいた頃にお世話になった人々が関わったので…

大元はNTTの再編・リストラです。
まず、地域電話事業の東西分社化にともなう、社会人スポーツの1競技両社各1チームへの集約。硬式野球は11チームを擁し、都市対抗で新日鐵さんと同時出場数を競いましたが、いまは東西2チーム…という有り様です。
また、西会社の九州総括組織の福岡移転後、熊本は基本的に地域(県)事業部機能のみとされて、子会社もほとんど転出か整理…
サッカーチームは、この2方針によりNTTグループでの存続がなくなったようです。

ちなみに、明治時代、熊本は鉄道唱歌のとおり「note九州一の大都会」で、各政府機関の九州総括組織が置かれました。その後、次第に福岡への転出が進みましたが、郵政とNTTだけは平成に入ってもなぜかまだ熊本に。ゆえに、クラブチームも熊本生まれでしたが…
もし移転がもっと早く、クラブチームが福岡で発足していたら…あるいはドコモの大宮のようになれたのかもしれません。

それにしても、鳥栖。近年は立派に立ち直ったようですが、地方では過去の悪評は長く残るので、まだ周囲に悪影響を及ぼしています。もちろん選手やいまの経営陣には何の責任もありませんが…

>あきづきさま
多かれ少なかれ、どこのチームも波乱万丈な歴史があるということでsmile
長いことJ2でお付き合いしていた鳥栖に
そういうゴタゴタがあったなんて知らなかったshock

ところであれから一向に噂も聞きませんが
うちのエンブレム問題はどっち方面に進んでいるんですかねgawk

甲府も経営難の時期があったのですね。

任意団体での代表者個人名による登記登録問題は、実に厄介ですよ。NPO等の法人制度の整備は、その解決が主要目的のひとつとされていたほどです。

>あきづきさま
経営危機の頃はまだ「サポ」ではなくて「ファン」だったため
募金はしましたが、気にかける程度で
今みたいにあまり熱心ではなかったもので
詳しいことはよくわからないのですが。

まぁサッカーには長けていても、経営には素人という人たちが
あの当時は多かったんじゃないですかね?

なのでそのどん底から建て直して蘇らせてくれた現会長には
未だに頭の上がらない甲府サポですconfident

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« M・I・E | トップページ | BSクラシック夜話 »