フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

パーツひろば

無料ブログはココログ

« 新潟2歳S結果 | トップページ | 「難局物語」 »

2012年8月27日 (月)

昨日のヴァンフォーレ

J2第31節。中銀スタジアムにて観戦。


甲府2−1横浜FC


<得点>
前28:堀之内(横浜)
後7:ダヴィ(甲府)
後28:ダヴィ(甲府)

 

中3日で最近調子の上がってきた横浜FCとの対戦。正直しんどかったです。ホーム連戦だったのがせめてもの救い。


前半はもう完全に横浜ペース。パス回しに翻弄され、たまにボールを奪ってもすぐに奪い返されて、なかなか相手陣内へ攻め入ることが出来ません。シュートも結構撃たれでいたなぁ。宇宙開発に助けられていたのですが、この流れでは先制点を取られてしまったのも仕方がない。それくらいおせおせで来ていましたから。


しかし後半何とか持ち直し、DF盛田からのロングフィードに反応して抜け出したダヴィのゴールで同点にすると、後半28分再びダヴィが勝ち越し弾。第2節以来の逆転勝ちとなりました。


後半開始の時点から投入されたフェルナンジーニョが効いたのか、はたまたはハーフタイムに「人生をかけて残り45分戦ってこい」とはっぱをかけた監督の言葉が選手たちに届いたのか、「もっと俺を信じてパスを出してくれ」と言ったダヴィの並々ならぬ決意だったのか……でもこれを聞くと、後半になってから入った気合いと気迫のスイッチの意味がよーくわかりましたわ。


次節アウェイ大分戦、参戦予定です。

« 新潟2歳S結果 | トップページ | 「難局物語」 »

ヴァンフォーレ甲府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟2歳S結果 | トップページ | 「難局物語」 »