フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

パーツひろば

無料ブログはココログ

« 桜花賞結果 | トップページ | ダム盗りゃー活動再開! »

2016年4月10日 (日)

本日のヴァンフォーレ

J1ファーストステージ第6節
山梨中銀スタジアムにて観戦。


甲府3-1湘南

〈得点〉
前5:津田(甲府)
後12:高山(湘南)
後46:クリスティアーノ(甲府)
後48:クリスティアーノ(甲府)


開幕戦で勝利はしたものの、以降1分3敗で勝ち星のない甲府。昨年8月以来のホーム勝利を目指しての湘南戦です。

今季ホームではまだ勝ち星どころか得点をすら無くて、「ハイタッチしたいじゃんねー」と試合前からみんなで話していたのですが、「初歓喜」は試合開始直後、早々に訪れました。クリスティアーノのショートコーナー→ビリー→クリスティアーノのクロス→最後は津田!
「J1初ゴール」とかと言っていたので、少なくとも4年以上ぶりということですね。早い時間にいい形で先制はしたものの、その後は通常運転で1-0の前半折り返し。

後半12分、相手のCKのピンチから、なんで稲垣そこで手が出た?! のありえない「珍プレー」でPKを献上して同点に追いつかれてしまいます。湘南の攻撃を受け止めた上でのカウンターもなかなかハマらず、このままドローかなー? と思われたアディショナルタイム。

右サイドをドリブルで上がったチュカからゴール前へ絶妙のグラウンダーのクロス、走り込んだクリスティアーノがワンタッチで合わせてゴールへ流し込み勝ち越し! その2分後今度は田中佑昌からのボールに反応したクリスティアーノが更にもう1点。

今日も特に前半、主審の曖昧なジャッジにやきもきさせられたけれど、ホーム8ヶ月ぶりの勝利・2年ぶりの3得点以上・そしてこれも何年かぶりのアディショナルタイム劇的弾勝利ですべて吹っ飛びましたね。前節の浦和戦もそうでしたが、最後まであきらめないというのはとても大切なこと。改めて思いました。

それにしてもホームで勝つのがこんなに幸せだったとは……忘れていました、この感覚。

« 桜花賞結果 | トップページ | ダム盗りゃー活動再開! »

ヴァンフォーレ甲府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜花賞結果 | トップページ | ダム盗りゃー活動再開! »