フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

パーツひろば

無料ブログはココログ

« いよいよリオ五輪 | トップページ | 川崎遠征始末記 »

2016年8月 6日 (土)

本日のヴァンフォーレ

J1セカンドステージ第7節
等々力陸上競技場にて観戦。


川崎4-0甲府

〈得点〉
前44:大久保(川崎)
後3:O.G.(川崎)
後11:小林(川崎)
後24:エウシーニョ(川崎)


等々力陸上競技場、4年連続7回め。



前半はね、確かに前線の稲垣まで最終ラインに吸収されて、6バック気味ではありましたが、本当によく頑張って川崎の攻撃を何とか跳ね返していたんですよ。そのまま前半を凌ぎきれていればどうにかなったような気もしますが、終了間際にセットプレーから大久保に頭で合わせられちゃって。こうなるともう、後はいろいろな意味で後手後手でね。

後半立ち上がりにちょっとした油断のミスからオウンゴールで追加点を献上、点を取らなくてはならなくなった甲府が前がかりなれば、更にカウンターで鮮やかにぽん、ぽん、と。ここ15試合負け無しという川崎の強さは、本当に半端なかったです。

甲府もダヴィを後半途中から投入して見せ場もなかった訳ではないんですけれどもね、相手の挑発にのって一発退場とか、ほんと何をしに出て来たんだ、ダヴィー! と思わず叫んでしまいましたわ。

前節の浦和戦に引き続いて、何の策もないままの完敗。相手が最上位とは言え、この実力差は……辛いなぁ(。> <。)

« いよいよリオ五輪 | トップページ | 川崎遠征始末記 »

ヴァンフォーレ甲府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよリオ五輪 | トップページ | 川崎遠征始末記 »