フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

パーツひろば

無料ブログはココログ

« 年に1度の | トップページ | 大阪遠征始末記① »

2016年9月11日 (日)

本日のヴァンフォーレ

J1セカンドステージ第11節
市立吹田サッカースタジアムにて観戦。


G大阪2-1甲府

〈得点〉
前5:田中(甲府)
前8:長澤(大阪)
後35:倉田(大阪)


市立吹田サッカースタジアム
もちろん初!


立ち上がりから珍しく守備にも攻撃にもいつもよりやや積極的だった甲府。前半5分、左サイドのドゥドゥの突破からクロス→佑昌のゴールであっさり先制したものの、即座にFKから長澤のヘッドで大阪が同点。スタートして10分も経たない内に両チームが1点ずつ取り合うという、撃ち合いの体も感じられましたが、その後はだいぶ落ち着きまして。前半は敵地で互角以上の戦いをしていたと思います。

後半も結構いい感じでボールを保持する時間帯も多かったのですが、なかなかゴール前まで運べない状況の中、後半35分に相手ゴール前でのバックパスのミスから最後は倉田に決められまして逆転負けとなってしまいました。

試合内容は決して悪くなかっただけに、相手に与えてしまったセットプレーでの1失点めと、ちょっとした連携ミスでの2失点め。これを見逃してはくれないガンバさんの底力だと言ってしまえばそこまでですが、この展開で勝ち点をひとつも奪えなかったのは本当にもったいなかったし残念でした。でも現地で観ていて思ったのは、決して悲観する内容ではなかったということ。下を向かずにぜひ次につなげていってもらいたいものです。

« 年に1度の | トップページ | 大阪遠征始末記① »

ヴァンフォーレ甲府」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年に1度の | トップページ | 大阪遠征始末記① »