フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

パーツひろば

無料ブログはココログ

競馬予想

2017年4月 1日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


今週の・・・
番組自体がお休みで、今週はその時間帯に宝塚歌劇月組公演「NOBUNAGAー下天の夢ー」と「シャイニング・ショー Forever LOVE!!」が放送されます。


大阪杯、ついにGⅠの第1回。宝塚の舞台でしたらプレミアムステージでもいいような気がしますが、何故か特別番組枠です。昨年の宝塚記念出走組5頭の中から、④ステファノスと⑦サトノクラウンの冠馬券狙いとかどうかな?

2017年3月25日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<高松宮記念予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
NHK交響楽団のコンサートを2つ。前半は先日ベルリンで行われた欧州公演から、曲目はモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番(vn:ジャニーヌ・ヤンセン)とマーラーの交響曲第6番。後半は昨年秋のN響創立90周年記念演奏会から、マーラーの交響曲第8番「一千人の交響曲」。いずれも首席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィが振りました。


欧州公演がもう「3番と6番」ですのでここは素直に3枠6番のセイウンコウセイにするべきかなぁ。

NHKマイルCの際にいつも厳粛なファンファーレでレースを盛り上げてくれますNHK交響楽団の皆さまにも敬意を表しまして、出走経験のある⑤レッドアリオンと⑨シュウジもちょっぴり加えたいと思います。

2017年3月11日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<フィリーズレビュー予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
日本の2大オペラカンパニーの公演。前半は二期会によるプッチーニの歌劇「トスカ」、後半は藤原歌劇団によるロッシーニの「スターバト・マーテル」。

マーラーには酷評されたようですが、有名なアリアが結構あって聞かせどころの多い「トスカ」、今回は第3幕のカヴァラドッシの名アリア「星はきらめき」から③ステラルージュにしてみようかと。トスカは「栗色の髪」だそうなので、栗毛の彼女が来てくれたら面白いなぁ。

2017年3月 4日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<弥生賞予想編>

今週のプレミアムステージ・・・
月初めなのでお芝居の週ですね。前半が加藤健一事務所公演「誰も喋ってはならぬ!」、後半はチェーホフの「三人姉妹」になります。

三人姉妹……ということで3番? 3枠? と狙っていたところ、ちょうど3枠3番に舞台関係の名前を持った馬が入りましたので、ここは素直に③グローブシアターから行ってみますよ。

2017年2月25日 (土)

出張BSクラシック夜話inウトロ温泉

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<中山記念予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
前半がネルソンス指揮ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の公演、後半は女性指揮者のドキュメンタリー番組を挟んでミルガ・グラジニーテ・ティーラ指揮バーミンガム市交響楽団の公演です。


最近ようやくちらほら見かけるようにはなりましたが、それでも女性指揮者ってまだまだ絶対数が少ないような気がしますよね。楽器を演奏する側や作曲家に比べたら。それだけ女性が活躍するには難しい世界なのかもしれませんが。

競馬の世界も中~長距離で牡馬と渡り合う牝馬はそうそういないもの。だからこそ出走したら応援したくなってしまうのは仕方がないことではあります。という訳で③ヴィブロスかな~。前半のゲヴァントハウスの公演でソリストを務めたメゾ・ソプラノ歌手も、赤いドレスだったみたいだし(苦笑)。

2017年2月18日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<フェブラリーS予想編>

今週のプレミアムシアター・・・
ロシアのボリショイ・バレエ団の公演を2つ。前半が「黄金時代」、後半は「マルコ・スパーダ~あるいは盗賊の娘~」になります。

もう“黄金”でしたので、2003年のこのレースの勝ち馬で、種牡馬としても活躍馬を出しているゴールドアリュールの産駒がいたらそこから行こうと思っていたら、何と今日(2/18)そのゴールドアリュールが急死したとの知らせが飛び込んで来たではありませんかshock
http://www.jra.go.jp/news/201702/021806.html

黄金の名前を継いだ③ゴールドドリームか、このレースを過去2度制している④コパノリッキーか……。息子が弔いをしてくれることを期待していますよ。

2017年2月11日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<共同通信杯予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
ドイツのバイエルン国立歌劇場の公演から、ドニゼッティの歌劇「ラ・ファヴォリータ」をメインに、後半はカラヤンのドキュメンタリー番組が付きます。


「ラ・ファヴォリータ」
14世紀のスペインを舞台に、時のアルフォンソ11世王の愛人であったレオノーラが、青年フェルナンドとの愛に生きようとして果たせない物語が綴られますが、モデルとなったレオノール・デ・グスマンは実在した女性で実際にアルフォンソ11世の寵愛を受け、王との間に10人の子どもをもうけているとか。「史実を元にしたフィクション」にしてはオペラはちょっと脚色し過ぎなような気も(^_^;)

この子沢山だった寵妃に敬意を表しまして⑩アサギリジョーかな~? 母親がメイクヒストリーと歴史を感じさせるのもいいですね。


2017年2月 4日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<東京新聞杯予想編>
今週のプレミアムステージ・・・
国立劇場開場50周年記念公演から「通し狂言 しらぬい譚」を。江戸時代初期の筑前・黒田家のお家騒動を題材に、江戸末期~明治初期にかけて刊行された長編の絵物語を歌舞伎の舞台にしたものとか。

作中ではその黒田家が「菊地家」となってはおりますが、今回はもう黒の2枠にブラック入りましたから②ブラックスピネルでー。

2017年1月21日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<東海S予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
ミラノ・スカラ座の公演から、プッチーニのオペラ「蝶々夫人」をリッカルド・シャイーの指揮で。昨年12月の舞台だそうなので、本当に「速報」ですね。

遅ればせながら今年初の夜話予想です。というのも「プレミアムシアター」がようやく今年初の放送となるからで......(「プレミアムステージ」の方は先週放送があったのですが)。

どれだけ捏ねくり回せるかなと思いましたが、今回の舞台の指揮者と同じ名前の出走馬がおりましたので、ここは深く考えずにシンプルに⑩リッカルドで行くとしますか。

2016年12月24日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<有馬記念予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
パリ・オペラ座(ガルニエ宮)で行われたチャイコフスキーのオペラとバレエの公演を。前半は盲目の王女さまの純愛を描いた歌劇「イオランタ」、後半はバレエ「くるみ割り人形」。

チャイコフスキーにこのようなオペラがあったとはちょっと心外だったのですが(^_^;) それより気になるのは後半の「くるみ割り人形」の方ですね。

E・T・A・ホフマンの原作ではマリーとなっていたヒロインの名前が、フランス語に訳された時になぜかクララになって、バレエの世界では今でもクララ派が主流なのですが、ロシアではいつごろからか原作のマリー、もしくはその愛称であるマーシャに回帰しているんですね。今回の公演はフランスなのでどちらかな? と思ったらマリーの方になっていました。

ヒロインの名前がわざわざマリーで出てきたのですから、やはりここは大外でも⑯マリアライト買わないとダメですかね?

より以前の記事一覧