フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

パーツひろば

無料ブログはココログ

競馬予想

2017年10月14日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<秋華賞予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
バレエの公演をふたつ。前半は今年の8月に東京で行われた、マニュエル・ルグリと彼の元に集ったダンサー達によるガラ・コンサート。プログラムを見たら、本人もいくつか踊った模様ですね。後半はロシアのボリショイ劇場の「眠りの森の美女」。


バレエの公演なので、いつものようにノーザンダンサー系の、往年の名ダンサーの名前を血統表から探してみたのですが、なんか今回はその血を持っていない馬を探す方が難しいようでしてね。こちら方面から攻めるのは途中で諦めました。

ルグリと言ったらパリ・オペ元エトワール。
ちょっと遠いけれど母の母「アイルドフランス」の①アエロリットにしますよ、と。


個人的に応援したいのは④モズカッチャンなんですけれどもね(甲府のサポにしかわからない理由だ……)。

2017年10月 7日 (土)

出張BSクラシック夜話in江津(島根県)

秋に向けて、旅先から復活してみます。


NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<毎日王冠予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
前半はグラインドボーン音楽祭2017から、歌劇「ハムレット」(ブレット・ディーン作曲)の世界初演。後半はハイデルベルクの春2015から、アリス・紗良・オットとフランチェスコ・トリスターノによるピアノデュオを。

グラインドボーン……
イギリスですよね。
オケもロンドン・フィルなんですよね。
⑦のグレーターロンドンでー。


2017年6月24日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<宝塚記念予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
前半はベルリンのピエール・ブーレーズホールこけら落としの演奏会。後半はメータ指揮による、イスラエルフィルの創立80周年記念コンサートのベートーヴェンプログラムを。

前半のプログラム、ベルクの「ピアノ、ヴァイオリンと13の管楽器のための室内協奏曲」がとっても気になりますねぇ。舞台上の演奏者は指揮を含めて16人。でも残念ながら今年の宝塚記念は11頭立てでそこまで行かなかった。

なら、分けてみる?
⑩キタサンブラックは固いとして相手は⑥シャケトラになりますかね。

2017年6月10日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<マーメイドS予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
オーストリアはザルツブルク復活祭音楽祭の関連から、前半に創始者であるカラヤンのドキュメンタリー番組の後、今年4月にこの音楽祭で行われたワーグナーの楽劇「ワルキューレ」が放送されます。ドレスデン国立管弦楽団、クリスティアン・ティーレマンの指揮。


第3幕冒頭の有名な「ワルキューレの騎行」の音楽中、ワルキューレのひとりであるオルトリンデが「灰色の牝馬」を所有している事が歌われます。灰色……芦毛の牝馬……⑥キンショーユキヒメと⑩マキシマムドパリがいるな……。

2017年5月27日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<日本ダービー予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
毎年恒例、ベルリン・フィルが欧州の各地へ出向いて行うヨーロッパコンサート。今年は地中海に浮かぶ島国・キプロスのパフォスが会場となりました。指揮はマリス・ヤンソンスで、メインはドヴォルザークの交響曲第8番になります。


キプロス島のパフォスというと、地中海の泡の中で誕生した愛と美の女神・アフロディーテ(ヴィーナス)が最初に流れ着いて上陸した地として有名な所……探してみるといるものですねぇ、姉にマロノ「ヴィーナス」の①ダンビュライト。

最内なのでいろいろと難しいところはありましょうが、3着狙いで行ってみますかね。
(ここでまた3着したら、久しぶりにブロコレの星誕生の予感だわ(^_^;))

2017年5月20日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<オークス予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
バレエの公演をふたつ。前半が英国ロイヤル・バレエによる「アナスタシア」、後半がパリ・オペラ座バレエによる「レイン」。

バレエの公演だとまず最初に血統を確認してノーザンダンサー系の名前を探してしまうのが常ですが、やはり英国のロイヤル・バレエ団というと元々の本拠地であったサドラーズウェルズに絞りたくなります。

5代前までにサドラーズウェルズがいる馬は4頭。②ソウルスターリングや⑭リスグラシューの人気どころも該当なので、変にこねくり回さずここからでいいのかな。

2017年5月13日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<ヴィクトリアマイル予想編>

今週のプレミアムシアター・・・
ドイツのフランクフルト歌劇場の公演から、ヘンデルの歌劇「クセルクセス」の舞台を。冒頭でクセルクセス王が歌うアリア「オンブラ・マイ・フ」はものすごく有名ですが、全幕通して上演されるのは非常に珍しいですね。

「オンブラ・マイ・フ」(懐かしい木陰よ)
この木はプラタナスだそうで、ペルシャ王だったクセルクセスがお気に入りのプラタナスを着飾らせて(!?)寵愛したというエピソードに基づいています(ヘロドトス『歴史』)。

そう言えばこのヴィクトリアマイルと同じ東京1600mで行われるプラタナス賞なんて2歳馬のレースがありますけれども、残念ながら今回のヴィクトリアマイル出走馬でこのレースに出た馬はなし。ちなみに昨年のプラタナス賞はルメールとM・デムーロの1・2フィニッシュだったらしいですね。

今回もそうなったら面白いなぁ、と思いつつ⑧クイーンズリングにしてみます。

2017年4月 1日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


今週の・・・
番組自体がお休みで、今週はその時間帯に宝塚歌劇月組公演「NOBUNAGAー下天の夢ー」と「シャイニング・ショー Forever LOVE!!」が放送されます。


大阪杯、ついにGⅠの第1回。宝塚の舞台でしたらプレミアムステージでもいいような気がしますが、何故か特別番組枠です。昨年の宝塚記念出走組5頭の中から、④ステファノスと⑦サトノクラウンの冠馬券狙いとかどうかな?

2017年3月25日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<高松宮記念予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
NHK交響楽団のコンサートを2つ。前半は先日ベルリンで行われた欧州公演から、曲目はモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番(vn:ジャニーヌ・ヤンセン)とマーラーの交響曲第6番。後半は昨年秋のN響創立90周年記念演奏会から、マーラーの交響曲第8番「一千人の交響曲」。いずれも首席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィが振りました。


欧州公演がもう「3番と6番」ですのでここは素直に3枠6番のセイウンコウセイにするべきかなぁ。

NHKマイルCの際にいつも厳粛なファンファーレでレースを盛り上げてくれますNHK交響楽団の皆さまにも敬意を表しまして、出走経験のある⑤レッドアリオンと⑨シュウジもちょっぴり加えたいと思います。

2017年3月11日 (土)

BSクラシック夜話

NHKBSプレミアムで日曜夜に放送されているクラシック音楽を中心とした「プレミアムシアター」、並びに舞台演劇の「プレミアムステージ」の内容から、メインレースの独自予想をしてしまおうという「BSクラシック夜話」。


<フィリーズレビュー予想編>
今週のプレミアムシアター・・・
日本の2大オペラカンパニーの公演。前半は二期会によるプッチーニの歌劇「トスカ」、後半は藤原歌劇団によるロッシーニの「スターバト・マーテル」。

マーラーには酷評されたようですが、有名なアリアが結構あって聞かせどころの多い「トスカ」、今回は第3幕のカヴァラドッシの名アリア「星はきらめき」から③ステラルージュにしてみようかと。トスカは「栗色の髪」だそうなので、栗毛の彼女が来てくれたら面白いなぁ。

より以前の記事一覧