フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

パーツひろば

無料ブログはココログ

電車&旅のいろいろ

2017年6月 5日 (月)

仙台遠征始末記

という訳で
サッカー的にはいろいろとツラい遠征ではありましたが

乗り鉄的には
・ほくほく線
・只見線(代行バス含む)
・阿武隈急行線
に乗れたこと

国盗り的には
・新規空、14追加
・ベイビーちゃん大量ゲット
・大花火大量打ち上げ


牛タン&ずんだ餅も食べたし
結構充実してたじゃん。

2017年4月26日 (水)

販売されないのかぁ

この土曜日に、「ケータイ国盗り合戦」春のキャンペーン
「姫の女子力UP大作戦!」をちらっとやりに
東京へ出ようと思っているのですけれども

今週末は既にGW進行で
中央線東京週末フリー乗車券が使えないんですねー。

大月駅一旦下車で
休日おでかけパス購入かぁ。
ちょっとめんどい(-.-;)

2017年4月24日 (月)

富士五湖を走る

日曜日、「ケータイ国盗り合戦」の協力戦で
山梨県内を車でほぼひとまわりして来ました。

盆地の桜や桃は既に終わっていますが
周辺ではまだまだ盛りのところがあって
結構目にも楽しいドライブになりましたね。


さて山梨主のいらっしゃいますレベル5(MAX)の早川町から
R300を本栖湖方面へ。

ちょっぴり雲はかかっていますが
見事な眺めの富士山をバックに
ゼッケンを付けた大勢のランナーが
湖畔を走っていました。

何か「富士五湖全部回ろう」なんて
えらい大会をやっていたみたいで。
「第27回 チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン」
http://www.r-wellness.com/fuji5/index.html
まぁ、コースはいくつかあるようですが
一番長いものだと富士五湖全部訪れて118㌔。
これを1日でなんて気の遠くなるようなお話です。

そう言えば聞いたことのあるような気もするのですが
こんな大会をやっていたなんて知らなかったなぁ。
27回目なんて歴史もあるようなのに。


ただでさえ芝桜の時季に差し掛かったところへ
この大会が行われていたとあっては
あの車の渋滞も仕方がないわなぁ(-.-;)

2017年4月 9日 (日)

淡墨桜

今日は桜花賞……ではなくて
本物の花の桜を見に行って来ました。

昨日サッカーのダブルヘッダーが終わったあと
川崎から深夜バスに乗って名古屋へ
名古屋からJRで大垣、樽見鉄道乗り換えで終点の樽見
そこから更に15分ほど歩きますと……

日本三大桜のひとつである
根尾谷の淡墨桜どーん!

今年はちょっと開花が遅れていたようですが
思っていたより花が咲いていて、本当によかった!

これで三大桜は福島県の三春の滝桜を残すのみとなりました。
さていつ見に行けますかねぇ。

2017年3月 9日 (木)

青春18きっぷ2017春

青春18きっぷ2017春

購入して参りました。

今度の土曜日に早速1回めの遠征です。

埼玉県の空埋めに行くぞー٩(ˊᗜˋ*)و♪

2017年3月 3日 (金)

流氷ツアー始末記③

<つづき>

3日めは知床半島の南側へ
羅臼の港の観光船に乗りました。

一応ここまでは流氷が来るようですが
この日はちょっと沖の方へ流されてしまったらしく
北方領土である国後島との微妙な場所であるため
残念ながら追いかけることは叶いませんでした。

空飛ぶカモメはもう「撮ってください」状態。




はぐれ流氷の上のオオワシ&オジロワシ
(遠いなぁ(>_<))


国後島の羅臼岳



これにて3日間のすべての行程が終了。
中標津空港から羽田行きの飛行機
甲府行きの高速バスで帰って来ました。


ツアーに参加するという両親に
勢いで付いて行ってしまいましたが
個人ではなかなか組める予定ではないので
まぁ、よかったかな、と。

2017年3月 2日 (木)

流氷ツアー始末記②

(つづき)

2日めは紋別港から流氷砕氷船「ガリンコ」号に乗船。沖にある流氷帯まで20分ほど追いかけてその中に突っ込みました。





流氷ブルー、綺麗でしたよぉshine

近くの流氷岬を見学しながら再びオホーツクラインを網走まで南下。2日めのお昼は海鮮丼でした。

真ん中のボタンえびがインパクト高し。


網走駅から北浜駅までなぜかJRで移動して、再びバスにて斜里町内へ。オシンコシンの滝やプユニ岬を見学しながら2日めのお宿であるウトロ温泉に到着しました。




知床の海岸には岸から水平線まで流氷がびっしり(⊙_⊙)


(つづく)

2017年3月 1日 (水)

流氷ツアー始末記①

行って来ました、冬の東北海道流氷ツアー!


スタートからいきなり甲府から羽田へ向かう高速バスが「中央道事故渋滞のため、横浜方面へ迂回します!」と圏央道まわりになったり、羽田から女満別空港へ行く飛行機が「現地雪のため、安全に着陸出来ないと判断した場合には羽田へ引き返す可能性があります」と条件付きのフライトとなったり、いろいろとどきどきさせられた旅立ちでありましたが、何とか無事に女満別空港へ到着。


1日めは網走港から流氷砕氷船「おーろら」号に乗りました。

午前中までは沖にいたらしい流氷がこの風でだいぶ遠くまで流されてしまったらしく、追いかけきれないので「海上遊覧船」航行となりました。ちょっと残念でしたが、途中小規模ながら流氷帯にも遭遇。雰囲気を味わうことは出来ました。


その後オホーツクラインを北上し、紋別にて1泊。
1日め夕食


(つづく)

2017年2月24日 (金)

@紋別

北海道は紋別からこんばんは。

実家の両親が「流氷ツアーに行く!」というので
こういう機会でもなければなかなか行けないよなー、と
お休み1日いただいて一緒に付いて来てしまいました。
決してプレミアムフライデーがどうこうと言う訳では(^_^;)

日曜日まで2泊3日で楽しんで来ます。

2017年2月15日 (水)

プチ遠征

国盗りのお仲間から
「ちょっと近所を散歩するように東京へ出かける」
と言われたことのあるぐらーねです。

最近はもはや東京へ出ることを
「遠征」とすら呼べなくなっているような気がする……。


で、職場の同僚とこの土日のお出かけの話をしていて
(もちろんカード集めのディープな内容は割愛)
新宿や松本へ行ったことを思わず
「プチ遠征」と言ってしまったところ
「……プチ?」といぶしがられてしまいました。

私的には大したことのなくなってしまった
「お出かけ」ではありますが
「東京へ行くなんて一大行事」な感覚の人もいる訳で
確かに私も数年前まではそうだったんだよなー、と
しみじみ感じ入ったのであります。

より以前の記事一覧