フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

パーツひろば

無料ブログはココログ

ヴァンフォーレ甲府

2017年6月21日 (水)

本日のヴァンフォーレ

天皇杯第2回戦
山梨中銀スタジアムにて観戦。


甲府0-1八戸

〈得点〉
後22:成田(八戸)


朝から甲府もものすごい雨で心配はありましたが、夕方には上がりましてその後試合中に降られることはありませんでした。

直近のリーグ戦からほぼ全員のメンバーを入れ替えて臨んだ天皇杯初戦、内容的にほとんど観るべき所もなく、逆にセットプレーから失点してそのまま。今年も甲府の天皇杯は早々と終了したのでした。

今日って試合プランあったのかな?
あったとしても、現場の選手たちは共有出来ていたのかな?
適当にやって勝てる試合なんてそうそうある訳ないでしょうよgawk


ヴァンラーレ八戸
ひたむきで粘り強くて、とても好感の持てるいいチームだったなぁ。何か忘れかけていたものを思い出させてくれるような、ある種の“懐かしさ”がありました。次もぜひ頑張っていただきたく。


あ、J1で負けたの、うちだけじゃなかったのね。慰めにもなりませんが、ちょっとだけほっとしている自分がいます。

2017年6月19日 (月)

ピッチ看板スポンサー(続々報)

話題の「かりそめ天国」ピッチ看板


当初は1試合のみの予定でしたが
あとホーム3試合
8/9まで掲出されることになったそうです。
https://twitter.com/vfk_official/status/876069577410478080

ガンバや浦和などとの対戦も含まれていて
更に注目度が増しますね(≧∇≦)





「かりそめ天国ありがとう」の段幕と合わせて
(“あ”が警備員さんに被っちゃってる(>_<))
「全てのスポンサー様に感謝」も出すのが
甲府のゴール裏ですね。

2017年6月17日 (土)

本日のヴァンフォーレ

J1第15節
山梨中銀スタジアムにて観戦。


甲府0-0柏

〈得点〉


マツコさんと有吉さんに見守られた試合は
(遠いなぁ、不鮮明だなぁsad

ただ今8連勝と絶好調の柏を無得点に抑えてその連勝をストップさせるという、いい意味での「甲府クオリティ」が発動する内容となりました。

こちらも得点出来ずにスコアレスドローで終わったのは少々残念でしたが、2週間前のアウェイ・仙台戦の体たらくを思えばこの中断期間によく立て直しましたし、柏への対策も本当によく実践出来ていたと思います。

出場停止の阿部翔・小椋がいない中で、中盤に回った新井が実に生き生きとピッチを駆け回っていましたし、いつもとは逆のサイドで何でかな? と思っていた優は、スピードのある伊東純也対策だったのだと前半途中で気付く。振り切られる場面も多々ありましたが、後半純也くんのサイドが変わったことからも何気に効いていたのかな。


昨年に引き続き、選手入場時にLEGENDの皆さんと「希望と栄光の国」(from威風堂々第1番)を歌えたのも嬉しかったですね。歌詞が付いている以上、これはハミングばかりではなくやはり歌いたいものです。たとえ英語でも!


【おまけ】
本日は「ヴァンフォーレカレー祭り」開催。日立台のスタグル「レイソルカリー」にも遠征いただきまして、アウェイではなかなか難易度の高いこの名物にようやくありつくことが出来ました。ひと口めはちょっと辛いかな? と思いましたが、温泉卵を絡めて食べたらちょうどいい塩梅。美味しかったですdelicious







2017年6月16日 (金)

ピッチ看板スポンサー(続報)

スーパーやまとさんのヴァンフォーレ応援どんぶり
初めて購入してみました。
柏にちなんで鶏肉の三色丼でしたか。



さて過日
テレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」内におきまして
番組のピッチ看板が1試合限定で
掲示されることが決まった訳でありますが
http://grane.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-7f91.html?optimized=0

その看板
明日(6/17)のホーム・柏レイソル戦で
いよいよ出るのだとか。

明日は血眼になって看板を探すよ!(苦笑)

2017年6月 4日 (日)

本日のヴァンフォーレ

J1第14節
ユアテックスタジアム仙台にて観戦。


仙台3-0甲府

〈得点〉
前30:石原(仙台)
後26:クリスラン(仙台)
後36:梁(仙台)


ユアテックスタジアム仙台
5年連続6回め



無事に自宅まで帰還いたしました(`_´)ゞ
国盗りの方でベイビー祭りや城下町イベントとかやっていなかったら、こんなに虚しい移動はなかったなー、ってくらい凹んでいます。

本当に何も出来なかったし、させてもらえなかったですからね。確かに元々ユアスタは相性悪いですよ。でもそれを差し引いたってシュート3本ではどうにもならない(泣)。

ここで2週開きます。気持ちの面も含めて、しっかり立て直して欲しいです。

2017年5月29日 (月)

昨日のヴァンフォーレ

J1第13節
味の素スタジアムにて観戦。


FC東京1-1甲府

〈得点〉
前2:高萩(東京)
前44:堀米(甲府)


味の素スタジアム
6年連続9回め。


臣と新井が復帰し、ルヴァン杯でいい雰囲気を出していた島川がボランチで、ルーキーの小出が右SBで初先発。立ち上がり1分半でまたもやセットプレーから先制点を許すも、その後は通常運転で相手に“仕事”をさせず、逆にバックパスのミスを奪った堀米がそのまま持ち込んでの同点ゴールにわいたところで前半終了。

後半もいい感じでボールを持てていましたし、多少押し気味に試合も進めていたのですが、結局勝ち越し点は取れずに1-1のドローでした。

後半アディショナルタイム
最後のGKとの1対1ねぇ
あれは本当に決めて欲しかったですねぇ、>ウイルソン……bearing

いやぁ、勝てたなぁ。もったいない。
でもあれだけいい場面がありながら勝ち越せなかったこと、そもそも課題であるセットプレーであっさり先制点を与えてしまったこと、勝ち点1取ったからと言ってそれで満足してもいられませんね。


<おまけ>
味の素スタジアム・青赤横丁のグルメ
秋川牛のハンバーグステーキ丼

2017年5月25日 (木)

ピッチ看板スポンサー

VF甲府
今年の夏季限定ユニフォームはぶどう柄!
黄緑のソックスまで、色合いも斬新すぎるshockhttp://www.ventforet.jp/sp/news/press_release/513907


さて昨晩、テレビ朝日の「マツコ&有吉 かりそめ天国」にて
中銀スタジアムのピッチ看板の多さが
話題に取り上げられました。

「価格を安くおさえて、とにかく数を売る」のは
この地方の小さなクラブがJリーグで生き残るための
苦肉の策だった訳ですが

まさか海野会長、1試合限定ながら番組を
「ピッチ看板スポンサー」として獲得してしまうなんて
さすがです。凄すぎます(゚∀゚ノノ"☆パチパチパチ

いつの試合になるのか、楽しみですねー。

2017年5月24日 (水)

本日のヴァンフォーレ

ルヴァン杯B組予選第6節
自宅にて結果待ち。


新潟0-2甲府

〈得点〉
後24:ボザニッチ(甲府)
後41:保坂(甲府)


ここへ来てようやくのルヴァン杯初勝利。
ボザニッチのPKはともかく
保坂は貴重な「年1ゴール」をここで使ってしまうかなぁ(苦笑)
リーグ戦とは別枠と思いたいですね。

2点めの際、右サイドからアシストの土屋に渡った
明人のヒールパスがすごかったねぇ(๑°ㅁ°๑)‼

2017年5月20日 (土)

本日のヴァンフォーレ

J1第12節
山梨中銀スタジアムにて観戦。


甲府1-2広島

〈得点〉
前19:小椋(甲府)
前41:柴崎(広島)
後5:水本(広島)


5月下旬のデイゲーム。
座って観ているだけでもボーっとしてしまう程の暑さの中、静かな入りの試合。序盤から甲府もゴールへ迫っていて、19分には小椋の素晴らしいミドルで先制出来たのですが、いい形の先制過ぎて逆に調子が狂ったと言うか、浮き足立ってしまったと言うか。

前半終了間際の同点弾は仕方が無いとしましても、後半立ち上がりにCKから取られた勝ち越し点がねぇ。セットプレーの守備に課題があることはわかっているのだから、簡単に相手ゴール前でそういう機会を与えないことも大切かと。

前節に続いて前はドゥドゥとウイルソンのツートップでしたが、なんだろう、どうにも連携が今ひとつ。なかなか第3節の浦和戦で見せてくれたようなシンプルなゴールシーンにはなりませんねぇ。まぁ、それより今日は広島の方が「上手かった」。試合の運び方も、ファールのもらい方も。

……あ、不振に喘いでいるチームについ手を差し伸べてしまうのは、甲府のお家芸でしたっけ。安定のクオリティですな、あはははは(-.-;)


<おまけ>
本日限定200食で販売された、小椋選手プロデュースによるフルーツパフェ「小椋あ~んheart

2017年5月15日 (月)

昨日のヴァンフォーレ

J1第11節
ニッパツ三ツ沢球技場にて観戦。


横浜FM1-0甲府

〈得点〉
前46:金井(横浜)



ニッパツ三ツ沢球技場
3年ぶり4回め


ニッパツもコンパクトで臨場感があって悪くはないのですけれども、4月にあれ(http://grane.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-a02e.html?optimized=0)を体験してしまった身としては、やはり日産でのナイトゲームがよかったなぁ、と思ったりした訳でして。「民衆の歌」も日産で、大音量で響くからいいんですよね。まぁ、うちのゴール裏はいつも意地になってチャントを被せてしまうので、落ち着いて聞けないのはどちらでも同じことですが……(これくらいしないと、ご機嫌になって「民衆の歌」を一緒に歌い出してしまう私のような輩がいるからな……苦笑)

多少甲府が押し気味に試合を進めつつも、「ワンチャンスを確実に仕留められたかどうか」な差でした。セットプレーからキーパーが弾いたボールに反応出来た横浜と、寄せ切れなかった甲府の違い。

確かに不可解なジャッジが多くてフラストレーションの溜まる試合ではありました。敗因を審判に振り回されたせいにするのは簡単ですが、そういう中でも開き直って逆にその判定を利用していくような、いい意味での「ずるがしこさ」も必要だったかもしれないですね。


<おまけ>
入場前酒盛りメニュー

・シウマイまん
・キリン一番搾り(横浜づくり)
・ありあけのハーバー(ミルク抹茶味)

お昼のお弁当は「初夏のかながわ味わい弁当」
(崎陽軒謹製)



より以前の記事一覧