フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

パーツひろば

無料ブログはココログ

ヴァンフォーレ甲府

2017年4月23日 (日)

ロビーくんが来た!

昨日の中銀スタでの対セレッソ大阪戦で撮った
マスコットの写真を“放出”しておきます。


<やはたいぬ>

甲斐市の特産である「やはたいも」と甲斐犬をイメージして作られた市のキャラクター、やはたいぬ。同じ甲斐犬モチーフでもヴァン&フォーレとは全然違いますねcoldsweats01

普通ににこにこと見ていたら普通に近寄って来て、普通にハイタッチを求められました。犬には割と懐かれる性分だと自覚はあります。


<おかえりロビー!>

セレッソさんとの対戦は3年ぶりですからねぇ、ロビーくんも本当に久しぶりですよねぇ。


<ロビーくんからお土産!>

蚊取り線香から笛ラムネからたこ焼きセット(たこ焼き器自体は4年前に貰っています)までいろいろ頂きました。ありがとうございますshine

フォーレちゃんに「虫コナーズ」は「悪い虫が付かないように」とのロビーくんの心遣い……らしい( *´艸`)


<みんな仲間です>

そう言えばオオカミもイヌ科なので、ヴァン&フォーレややはたいぬも含めてみんな犬の仲間でした。

この「イヌ科バトル」幕、従弟が「夜中の3時に作った」ものだそうで(^_^;)


<警備員>

帽子を借りて即席の警備員に扮する、ヴァンくんの小ネタ。

2017年4月22日 (土)

本日のヴァンフォーレ

J1第8節
山梨中銀スタジアムにて観戦。


甲府1-1C大阪

〈得点〉
後3:杉本(C大阪)
後17:畑尾(甲府)


今年もまたここへ来て怪我人が増え出し、オミ不在の中、新井まで早々に負傷退場するという緊急事態……昨年までならこの2人がいなかったら本当にどうにもならなかったものですが、セレッソに主導権は完全に握られつつも前半は失点せずに終了。

後半立ち上がり、スイッチが切り替わったように動きが(更に)良くなったセレッソに先制は許すも、17分にFKのチャンスから新井の代わりで緊急出場していた畑尾が頭で合わせて同点に。畑尾はこれがプロ初ゴール。その後はGKの岡を中心に再三のピンチを何とかしのいで、辛くも勝ち点1を積み上げました。

攻撃においては前節よりかは多少可能性を感じましたが、ドゥドゥはやはりまだ本調子ではないのかな? 後半ドゥドゥが下がって堀米と佑昌の前線になってからの方が明らに面白かったですし……。

まぁ、とにかくJ2からのPO昇格とはいえ、あのタレント揃いのセレッソに負けなかった事だけは評価したいと思います。

2017年4月16日 (日)

本日のヴァンフォーレ

J1第7節
山梨中銀スタジアムにて観戦。


甲府0-2新潟

〈得点〉
前11:原(新潟)
後7:矢野(新潟)


今日の甲府の気温27度、この暑さにやられた訳ではないのでしょうが、とにかく序盤からいろいろとちぐはぐ。今年前半中の失点はこれまでなかったのに、早々にCKから先制を許すと、点を取りに行かなければならない場面でもボールを回すばかりでなかなか攻撃のスイッチが入らない。ウイルソンの欠場ってこんなに大きかったの? と思いつつ前半終了。

結局攻撃のスイッチは入れられないまま、逆にCKから再び追加点を取られて0-2の完敗。今季未勝利だった新潟の「勝つならここしかない」気持ちに負けたのか、それとも吉田監督が古巣相手に変に空回りしたのか、どちらにしても不振でもがいているチームにぽん、と勝ち星をプレゼントしてしまうのは甲府のお家芸でしたよ。昨年は作動しなかったからすっかり忘れていたけれども。

この「ちぐはぐ感」が今日だけの一時的なものであることを願います。

2017年4月12日 (水)

本日のヴァンフォーレ

ルヴァン杯予選B組第2節
山梨中銀スタジアムにて観戦。


甲府0-0C大阪

〈得点〉


昼間はあんなに暖かかったのに
陽が落ちたら特に風がすごく寒くて。

内容的にも盛り上がる場面がほとんどなく
お互い得点の匂いがしない“淡々とした”ゲームでした。

ルヴァン杯の予選ってこんな感じになってしまうのかな……。

2017年4月 8日 (土)

本日のヴァンフォーレ

J1第6節
等々力陸上競技場にて観戦。


川崎1-1甲府

〈得点〉
後46:河本(甲府)
後48:奈良(川崎)


等々力陸上競技場
5年連続8回め



ここ数年、川崎には本当に歯が立たなくて、正直今日もどれほどやられるのか試合前は戦々恐々だったのですけれども、蓋を開けてみればすごく落ち着いた守備で川崎にほとんど何もさせなかった甲府(怪我人続出でベストメンバーを組めない川崎側の事情もあったかな?)。

これはスコアレスドローでも上出来でしょう! と思っていたら、7分表示の後半アディショナルタイムにドゥドゥの粘りから最後は(河本)明人が決めてこのタイミングでなんと1点リード!

このまま行きたかったんですがねぇ、結局2分後にセットプレーから同点に追いつかれて1-1のドロー。やはり7分は長かったよ(泣)。

でもここ数年、本当にやられっぱなしだった川崎をあわやというところまで追い詰めはした訳ですから、勝ち点2を失ったのは確かに悔しいですが、まぁ、よしとしておきましょうか。

2017年4月 2日 (日)

本日のヴァンフォーレ

J1第5節
山梨中銀スタジアムにて観戦。


甲府2-0札幌

〈得点〉
前42:兵働(甲府)
後7:エデル・リマ(甲府)


札幌とリーグ戦であたるのは久しくなかったなぁ、と思ったら、2010年シーズン以来実に7年ぶりのことだとか。もちろんJ1では初。

そう言えば全く別の話になりますが、2005年柏との入れ替え戦に勝利して初めて甲府がJ1昇格を決めた日立台、自分の前の席に実は札幌サポだというお兄さんが座っていて、お祝いと一緒に「今度はJ1で戦いましょう!」との言葉をもらったのがふと思い出されました。あれから12年かかってしまったけれども、ようやく実現しましたよ。

閑話休題。

今日は札幌の高さ対策? でオミがスタメンから外れ、最終ラインは右から新里、新井、エデル・リマの3人。更に怪我をした佑昌の代わりに先日加入したボザニッチが中盤の左という布陣でした。

立ち上がりちょっとばたばたして札幌に決定機を作られたりもしましたが、何とか凌ぎきるとその後は膠着状態に。これは我慢比べかなぁ、と思い始めた後半42分に、右サイドの優からのクロスを札幌がクリアしたボールに兵働が走り込み、鮮やかなミドルを突き刺して先制すると

後半立ち上がりにCKからエデル・リマが「その高さを脚で合わせますか!?」なアクロバティック2点め。その後はもうイケイケであと2,3点行けそうな雰囲気もありましたが、そこは舞い上がることもなく冷静に札幌の攻撃を捌き切って、きっちり完封したのでした。

決して内容的に圧倒した訳ではなかったけれどね、ホームで完封で2連勝はやはり嬉しいですね。桜も咲いたし次の土曜日には信玄公祭りだし、甲府の調子が上がって来る季節ですよー。

2017年3月18日 (土)

本日のヴァンフォーレ

J1第4節
山梨中銀スタジアムにて観戦。


甲府1-0大宮

〈得点〉
後25:ウイルソン(甲府)


開幕からお互いまだ勝ち星のないチーム同士の対戦。前半を0-0のスコアレスで折り返して後半25分。

甲府CKのチャンスから、PA内でウイルソンが倒されてPKを獲得します。

ウイルソンがボールを持った瞬間、場内のざわめき。第2節のアディショナルタイムでせっかくの同点のチャンスを外してしまった場面が、誰もの頭の中を過ぎっていたんじゃないかな。

ここで別の人に託す選択もありでしょう。しかし敢えてウイルソンにそのまま蹴らせた。挽回の機会が与えられたこと、そして今度こそ確実に決めてくれたウイルソンの頼もしさ。

結局このPKによる1点だけの勝利でしたが、点差以上にいろいろと大きなものを得たゲームだったような気がします。

レンタル復帰→いきなりスタメンで気合いの入りまくりだった阿部翔をはじめ、小椋や優や、終盤はみんな脚つってましたからねぇ。思っていた以上に選手達もハードワークだったんでしょう。

とりあえず1勝、勝ち点3。
早いうちにあげられてよかったです。

2017年3月15日 (水)

本日のヴァンフォーレ

ルヴァン杯予選B組第1節
自宅にて結果待ち。


広島0-0甲府

〈得点〉


ルヴァン杯がスタートしました。

「若手育成」の位置づけのためか、甲府もかなり若いメンバーで試合に臨んでいたようですが、いかんせん映像を見ていないので何とも。

でも相手を0で抑えたというのは収穫ですかね。

2017年3月10日 (金)

本日のヴァンフォーレ

J1第3節
自宅にてDAZN観戦。


浦和4-1甲府

〈得点〉
後12:興梠(浦和)
後15:武藤(浦和)
後31:ドゥドゥ(甲府)
後38:李(浦和)
後47:ラファエル シルバ(浦和)


スコアだけ見れば確かに完敗。
でも決して結果に悲観していないのはなぜですかね。

それなりに見せ場もありましたし、やられっぱなしではなかったのもありますが、やはりエースのドゥドゥが復帰したこと、そして今季もやってくれそうなことが判明した光明でしょうか。

元々スロースターターでシーズン開幕直後なんていつもこんなものですし、今年は特に開幕からガンバ・鹿島・浦和という強豪との3連戦でしたから、甲府もここからだと思いたいです。

2017年3月 4日 (土)

本日のヴァンフォーレ

J1第2節(ホーム開幕戦)
山梨中銀スタジアムにて観戦。


甲府0-1鹿島

〈得点〉
後18:レオシルバ(鹿島)


「世界クラブ2位」
鹿島アントラーズ相手に、危ない場面も多少あったものの、決して悪くはない展開で試合を進めてはいたんですけれどもね、やはり強いチームはそつなく勝ち点を拾って行きますね。

失点はしましたが、守備の再構築はされている感あり。攻撃面では連携がまだまだと言ったところかな。中盤で兵働や小椋がいい感じでボールを奪っても、その後が繋がらない。もったいないなー、と思うプレーが随所にありました。

オミの「行ってこい!」ロングフィードにウイルソンがどれだけ対応出来るようになるかも含めて、試合を重ねていくうちにどこまで改善されますか。エース・ドゥドゥの復帰を待ちながら様子見ですね。

それにしてもアディショナルタイムのPK失敗は……こたえたなぁbearing

より以前の記事一覧