フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

パーツひろば

無料ブログはココログ

クラシックな日々

2017年12月11日 (月)

第246回「きらクラDON!」

NHK−FM「きらクラ! 」の中の名物コーナー
クラシック音楽のイントロクイズ「きらクラDON!」


前回第245回の答えは
チャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」から
“こんぺいとうの精の踊り”でした。

たらら ららら らん♪

バレエ自体がクリスマスの夜のお話なので
この時季になると
世界各地の劇場で上演されている
定番の演目です。

組曲版では割と早い段階で出てくる曲ですが
バレエ全幕ではほぼ最後に踊られるグラン・パ・ド・ドゥの
女性ヴァリエーションの音楽なので
たどり着くまでには結構な時間を要します。
きらきらしたチェレスタの音色がいいですよねぇ。


それでは第246回の「きらクラDON!」

つい先日、NHKEテレのアニメ「クラシカロイド」で
パクリがどうのこうのと大騒ぎしていた
その元ネタの方の曲ですかねぇ。

2017年12月 5日 (火)

第245回「きらクラDON!」

NHK−FM「きらクラ! 」の中の名物コーナー
クラシック音楽のイントロクイズ「きらクラDON!」


前回第244回の答えは
ドニゼッティの歌劇「愛の妙薬」から
ネモリーノのアリア“人知れぬ涙”でした。

…………残念!

落ち着いてよくよく聴けば
全く分からないでもなかったのに
なんで早々にギブアップしてしまったかなーbearing


それでは第245回の「きらクラDON!」

このもやもやっとした
とらえ所のない前奏シリーズ……
どうにかならないかなー。

確信はありませんが、欧米では
クリスマスシーズン定番の“演目”なので
季節もの、という観点から言っても
多分大丈夫ではないかと。

2017年11月28日 (火)

第244回「きらクラDON!」

NHK−FM「きらクラ! 」の中の名物コーナー
クラシック音楽のイントロクイズ「きらクラDON!」


前回第243回の答えは
ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」から
第1楽章「ファンファーレ」でした。

たらら ららら らん♪

村上春樹氏の小説『1Q84』の作中に登場し
次いで当時話題となっていたCD
「ブラバン甲子園 3」に収録されて
すっかり話題をさらったのは2009年のこと。

つい4,5年前のような気がしていましたが
思っていたよりちょっと前でしたね。

毎年5月、JRAのNHKマイルCにおいて披露される
N響メンバーによる生GⅠファンファーレが
シンフォニエッタ風に聴こえてしまう私は
もうほとんど病気の域かもしれないですsweat02


それでは第244回の「きらクラDON!」

今週は日曜日の放送がサッカーの試合と重なって聴けず
月曜日の再放送で一髪勝負でしたが
なんかもう響いて来るものがなかったのでパスしますgawk

2017年11月21日 (火)

第243回「きらクラDON!」

NHK−FM「きらクラ! 」の中の名物コーナー
クラシック音楽のイントロクイズ「きらクラDON!」


前回第242回の答えは
グノーの「操り人形の葬送行進曲」でした。

たらら ららら らん♪

サスペンス映画の巨匠、アルフレッド・ヒッチコックの
「テーマ」として知られる音楽ですが
この前奏の部分だけではなかなかね。

一応正解にはたどり着きましたが
自力での到達はとても無理だったことを考えますと
何とも微妙な正解、としておきます。


それでは第243回の「きらクラDON!」

これまで出題されていなかったというのが
不思議なくらいでしたが
そうか、この曲がいろいろと「ブーム」になったのって
「きらクラ!」が始まるかなり前の話だったんですね。

2017年11月14日 (火)

第242回「きらクラDON!」

NHK−FM「きらクラ! 」の中の名物コーナー
クラシック音楽のイントロクイズ「きらクラDON!」


前回第241回の答えは
ショパンのワルツ嬰ハ短調作品64-2でした。

たらら ららら らん♪

「ショパンのワルツのどれか」
分かりますねぇ。
私もショパンのワルツだってことは
すぐにぴん、と来ましたが
果たして何番だったかまでは
全く分からなかったですからねぇ。

ただ私の場合、ショパンの曲を使用した
バレエ「レ・シルフィード」(ショパニアーナ)において
詩人とシルフィードのパ・ド・ドゥの場面で
流れている音楽だということは知っていたので
そちらから攻めたら、ローラー作戦をするまでには
至らなかったんですけれどもね。


それでは第242回の「きらクラDON!」

自力ではどうにもならず
某所から流れてきた「ヒント」のおかげで
どうやら正解らしきものには当たりましたが
メインのメロディは知っていても
こんな前奏付いていたの? なパターンの曲ですね。

2017年10月31日 (火)

第241回「きらクラDON!」

NHK−FM「きらクラ! 」の中の名物コーナー
クラシック音楽のイントロクイズ「きらクラDON!」


前回第240回の答えは
プロコフィエフのバレエ音楽「ロミオとジュリエット」から
“騎士たちの踊り”でした。

…………残念!

有名な曲だし、もちろん知っている曲でしたが
あの1音だけでは私には無理だよ~bearing
もう今回はそれしかコメントのしようが無いです。


それでは第241回の「きらクラDON!」

バレエ「レ・シルフィード」のパ・ド・ドゥの音楽……
ってこれの原曲ってなんだ~!?

2017年10月24日 (火)

第240回「きらクラDON!」

NHK−FM「きらクラ! 」の中の名物コーナー
クラシック音楽のイントロクイズ「きらクラDON!」


前回第239回の答えは
タルティーニのヴァイオリンソナタ「悪魔のトリル」でした。

たらら ららら らん♪

出題は旅先の電車の中で拝聴。
ニアピンにも出た、伝バッハの「シチリアーノ」にしか
私にも聴こえませんでしてね。

でもあれはフルートとピアノ(チェンバロ)の曲だし
ヴァイオリン用に編曲とかされてないよねー? と
いろいろ探ってはみたのですが
これ、と言った音源を見つけることは出来ず
振り出しに戻ってしまいました。

たまたまその旅行中に読んでいた本が
ヴァイオリンを弾く女の子のお話で
架空世界とのことで具体的な作曲家や
曲の名前は出て来ないのですが
ヴァイオリンのトリルがなんたら……というくだりに
ピコン、と何かが反応したんですね。
そう言えば「悪魔のトリル」なんて曲があったなぁ。

本当に何が幸いするか分からないものですね。


それでは第240回の「きらクラDON!」

多分聴いたこともあるし、知っている曲なんでしょう。
もう少し長めだったらあぁ、あれね、と
うなずけたかもしれないですが
いかんせん手がかりがあれだけでは
さすがに無理ですー。お手上げですー🤷‍♀️

2017年10月10日 (火)

第239回「きらクラDON!」

NHK−FM「きらクラ! 」の中の名物コーナー
クラシック音楽のイントロクイズ「きらクラDON!」


前回第238回の答えは
コダーイの「ハーリ・ヤーノシュ」から
第1曲・前奏曲~おとぎ話は始まる~でした。

…………残念!

耳にした瞬間に、ストラヴィンスキーの
「火の鳥」のイメージがぱぁっと広がり
しかもフィギュアスケートの町田樹選手が
頭の中で踊り出してしまった時点でもう
そこから離れることが出来ませんでしてね。

もちろん「ハーリ・ヤーノシュ」は聴いたことありますし
冒頭のあの表現が「くしゃみ」であることも
知っていたんですけれどもねぇ。


それでは第239回の「きらクラDON!」

旅先でらじるらじるでの拝聴。
ヴァイオリンの音色に一瞬「あれ?」となりましたが
答えは「たまたま」意外な所から降って来たなぁ。


次回の放送は、NHK音楽祭中継のためお休み。
そう言えばちょうど日曜日
ヴァンフォーレのサッカーの試合と
時間がぴったり被っていたので
これはラッキーだったと言わざるを得ないかも。

2017年10月 5日 (木)

あ、この曲!

10月に入ってプロ野球のペナントレースもほぼ終結し
また時間を持て余す時季になって参りました。

見たいテレビ番組も無かったので
NHK-FMをつけて「ベストオブクラシック」で
ケント・ナガノ指揮ベルリン・ドイツ交響楽団の
演奏会を聴きました。
曲目はシューベルトのミサ曲第5番(抜粋)。

第2曲の「グローリア」に差し掛かった時
あれ、これどこかで聴いたことあるぞ、となりまして
多分サッカー関係だと思うんだけれども
果たして何だったかなぁ、としばし熟考。

そしてどうやらサッカー天皇杯のNHKの中継で
使われている音楽ではないかと思い当たり
そう言えば毎年耳にしながら
何の曲だろうと毎年気になっていたことを
思い出したのでありました。

へぇ
シューさん(クラシカロイド風)の曲だったんですねぇ。


年末に向けてまた天皇杯の中継をチェックし
確認しておきます。

https://youtu.be/jSu-_YHIRSg
シューベルト ミサ曲第5番 変イ長調 D.678
7:55から約1分にかけてのくだりです。

2017年10月 3日 (火)

第238回「きらクラDON!」

NHK−FM「きらクラ! 」の中の名物コーナー
クラシック音楽のイントロクイズ「きらクラDON!」


前回第237回の答えは
モーツァルトのピアノ協奏曲第23番
第2楽章でした。

たらら ららら らん♪

苦手なピアノでも、モーツァルトだったら
だいたいわかるかもhappy01

楽器が違うので間違えようがないのですが
バッハのフルートソナタBWV1031の第2楽章
通称「シチリアーノ」が、私の中ではニアピンです。

ケンプ編曲によるピアノ独奏版に
序奏がついていなければ
面白いものになったと思うんだけれどなぁ。


それでは第238回の「きらクラDON!」

なんかイメージ的なものは閃いたのですが
果たしてその曲でいいのかどうかは微妙。
確定出来ないなぁsad

より以前の記事一覧